6月4日、サノフィ・アベンティス社主催の糖尿病メディアフォーラムにおいて、関西電力病院院長で糖尿病診断基準検討委員会委員長の清野裕氏が、「糖尿病の診断基準改定とその社会的影響について〜HbA1cの導入がもたらすベネフィットとは〜」というテーマで講演を行った。その中から、糖尿病の新しい診断基準の考え方や今後のスケジュールなどについて、トピックスをまとめた。

「新しい糖尿病診断基準は来月1日から使えます」の画像

ログインして全文を読む