腹部大動脈瘤(AAA)へのステントグラフト内挿術(血管内治療、EVAR)の安全性と有効性は、少なくとも周術期においては広く認められており、より治療の複雑な胸部下行大動脈瘤(DTA)や胸腹部大動脈瘤(TAAA)への適用に期待が高まっている。

血管内治療は胸腹部大動脈瘤でも標準治療になるかの画像

ログインして全文を読む