メタボリックシンドローム(MetS)と低比重リポ蛋白コレステロール(LDL-C)高値が重なると非塞栓性脳梗塞の発症リスクは3倍以上に、MetSと糖尿病が重なると脳梗塞の発症リスクは5倍以上に高まることが、久山町研究のデータ解析より明らかとなった。第35回日本脳卒中学会総会で、九大大学院病態機能内科学の土井康文氏が報告した。

代謝性疾患の重複で脳梗塞リスクが著明上昇の画像

ログインして全文を読む