脳梗塞急性期に使用する経皮経管的脳血栓回収用機器のMerciリトリーバルシステムが4月末に承認された。神戸市立医療センター中央市民病院脳神経外科の坂井信幸氏は、STROKE2010の合同シンポジウム「脳梗塞急性期再開通療法」で、脳梗塞急性期の再開通療法は新しい時代に入ったとし、tPA静注療法が適応外または無効の急性期脳梗塞症例に対して、本デバイスを含めた再開通療法を一定の基準の下で積極的に実施していくことを呼びかけた。

脳梗塞急性期の再開通療法は新しい時代にの画像

ログインして全文を読む