院外発症の静脈血栓塞栓症(VTE)の危険因子は院内発症例と異なり長期臥床や活動性ガンであること、また院外発症の深部静脈血栓症(DVT)では疼痛、腫脹、色調変化などの症状を有する例の多いことが分かった。

院外発症VTE、長期臥床と活動性ガンがリスクにの画像

ログインして全文を読む