急性心筋梗塞患者に対するPCI施行によって発生する酸化ストレスは心房性ナトリウム利尿ペプチド(hANP)によって抑制できる可能性が示された。第59回米国心臓学会(ACC2010)で、都城市郡医師会病院循環器科(宮城県都城市)の中村亮斉氏が発表した。

PCIで起こる再潅流障害に対してhANPは有効の画像

ログインして全文を読む