心原性の院外心停止症例に低体温療法を導入する際、冷却した生理食塩水の急速静注を併せて行うことで、神経学的な予後が改善することが明らかになった。札幌医大救急集中治療医学講師の長谷守氏が、第107回日本内科学会総会・講演会(4月9〜11日、開催地:東京都)で発表した。

冷生食急速静注が低体温療法後の予後を改善の画像

ログインして全文を読む