待機的PCIを施行する安定狭心症患者に対する術前のプラバスタチン投与によって、心臓の微小循環障害を軽減させられる可能性が示唆された。3月14日から米国アトランタで開催されたACC2010で、兵庫医大循環器内科の福永匡史氏が発表した。

スタチンが待機的PCI患者の微小循環障害を軽減の画像

ログインして全文を読む