心臓血管研究所付属病院の全初診患者を対象としたレジストリーであるShinken Databaseから、スタチンを投与されている心房細動(AF)患者と投与されていないAF患者との間で中期的な総死亡は同等で、心血管イベントやAFに伴う入院のリスクもスタチンの投与によって減ってはいないことが明らかになった。心臓血管研究所の山下武志氏が、第74回日本循環器学会(3月5〜7日、開催地:京都市)で発表した。

心房細動患者へのスタチン、upstream治療の効果認めずの画像

ログインして全文を読む