アディポネクチンは骨格筋に対して運動と同様の効果を発揮することが、分子レベルでの作用機序の解明から明らかになった。骨格筋で主に発現しているアディポネクチン1型受容体の活性化薬が実現すれば、その投与により運動と同様の効果が得られ、メタボリックシンドロームやインスリン抵抗性、2型糖尿病などの発症予防・治療効果も期待できるという。

アディポネクチンは運動と同様の効果を発揮するの画像

ログインして全文を読む