心筋梗塞急性期における尿蛋白陽性所見は、亜急性期の心機能や慢性期の予後を規定する因子となる可能性が示唆された。第74回日本循環器学会総会・学術集会(3月5〜7日、開催地:京都市)で、旭川医大循環・呼吸・神経病態内科学の太田久宣氏が発表した。

心筋梗塞急性期の尿蛋白陽性所見は予後予測因子にの画像

ログインして全文を読む