冠動脈造影検査の合併症の1つである造影剤腎症の成因には不明な点が多く、これを完全に防ぐ対応法は確立していない。L型脂肪酸結合蛋白を指標とした検討から、hANP投与は中等度の腎障害を合併した患者の造影剤腎症予防に効果的である可能性が示された。愛知医大循環器内科の前田一之氏らが、第74回日本循環器学会総会・学術集会で発表した。

hANPが腎機能低下者の造影剤腎症を予防の画像

ログインして全文を読む