高血圧を伴う発作性心房細動患者における心房細動(AF)の再発・進展抑制効果は、アンジオテンシンII受容体拮抗薬(ARB)とCa拮抗薬(CCB)で同等であることが確認された。第74回日本循環器学会総会・学術集会(3月5〜7日、開催地:京都市)のLate Breaking Clinical Trialsで、心臓血管研究所の山下武志氏が発表した。

高血圧合併の発作性AF治療、ARBとCCBで差なしの画像

ログインして全文を読む