循環器領域におけるわが国発の臨床試験が近年増加し、得られたエビデンスが国内外の臨床現場に還元される機会も増えている。日本人を対象としたエビデンスが蓄積されるようになった一方で、そもそもの試験デザイン自体が抱える問題点や、結果が正確に伝達されないという新たな課題も指摘され始めた。

急増する臨床試験、そのエビデンスを正しく解釈するためにの画像

ログインして全文を読む