わが国で行われたJ-RHYTHM試験のサブ解析から、発作性心房細動(PAF)の患者で洞調律維持のために抗不整脈薬を変更したグループは、変更せずに1剤で洞調律を維持できたグループに比べて患者の薬物治療に対する忍容性が低く、試験終了時の洞調律維持率も低いことが分かった。

発作性心房細動、最初の抗不整脈薬が無効だったら?の画像

ログインして全文を読む