慢性心不全(CHF)患者に対して通院時に心房性ナトリウム利尿ペプチド(hANP)の点滴治療を行うことで、次回入院までの期間を延長させることができたと、岩手県立中央病院循環器科の三浦正暢氏が第74回日本循環器学会総会・学術集会(3月5〜7日、開催地:京都市)で発表した。

通院hANP療法で慢性心不全患者の在宅期間が延長の画像

ログインして全文を読む