下肢慢性閉塞性動脈疾患の治療指針として、国際的なコンセンサスであるTASC(Trans Atlantic Inter-Society Consensus)が広く知られている。そのTASCで腸骨動脈病変の血行再建術に関しては、病変の部位、狭窄の程度などから見て最も複雑なD型にはバイパス術が推奨されている。しかし最近は、慢性完全閉塞(CTO)症例を含め、D型でも血管内治療を選択する施設も増えてきた。

TASC D型の腸骨動脈CTO病変は外科治療での画像

ログインして全文を読む