メタボリックシンドロームの診断基準について検討している厚生労働省の研究班(研究代表者は東大糖尿病・代謝内科教授の門脇孝氏)が、端野・壮瞥町研究や久山町研究など、わが国の代表的な12のコホートを統合して解析した結果を発表した。40〜74歳の男性約1万7000例、女性約1万9000例が対象。

メタボ基準、腹囲のカットオフ値は男性85cm・女性80cmの画像

ログインして全文を読む