山口大大学院器官病態外科学講師の吉村耕一氏らのグループは、大動脈瘤の拡大を予防するような薬剤を任意の期間、量を調節しながら放出できるステントグラフトのシステムを考案し、基盤技術の開発に成功した発表した。

ログインして全文を読む