独立行政法人物質・材料研究機構(NIMS)生体材料センターは東大循環器内科、ニプロと共同で、抗血栓性と血管内皮形成機能を併せ持つ新しい薬剤溶出ステント(DES)の開発に成功した。同センター主幹研究員の田口哲志氏が、第9回NIMSフォーラム(2月17日、開催地:東京)でと発表した。

血管内皮形成を促すタミバロテン溶出ステントの画像

ログインして全文を読む