CCT2010(1月28〜30日、開催地:神戸市)のシンポジウム「the forefront of transcatheter therapy of aortic valve disease」で、昨年10月にわが国で初めて行われた経皮的大動脈弁置換術(transcatheter aortic valve implantation;TAVI)2例の手技詳細を、阪大心臓血管外科の島村和男氏が術中ビデオに基づき解説。さらに阪大循環器内科の中谷敏氏がわが国の大動脈弁狭窄症(AS)の状況を、次いでスペイン・Hospital Clinico San CarlosのEulogio Garcia氏が欧州のTAVIの現状について講演した。

経皮的大動脈弁置換術(TAVI)、わが国初の症例を報告の画像

ログインして全文を読む