わが国で、先天性心疾患に伴う大血管狭窄に対してステント留置を行った症例は、どのような長期経過をたどるのか――。第21回日本Pediatric Interventional Cardiology学会学術集会で同学会副代表幹事の富田英氏が、学会による全国調査の結果を発表した。

先天性心疾患に伴う大血管狭窄へのステント留置、成績良好の画像

ログインして全文を読む