血圧が正常高値(130〜139mmHg/85〜89mmHg)の段階で既に、頸動脈内膜中膜肥厚度(IMT)は有意に肥厚しており、女性では高感度C反応性蛋白(hsCRP)高値が血圧上昇に伴うIMTの肥厚をさらに加速していることが明らかとなった。

正常高値血圧から頸動脈IMTは有意に肥厚するの画像

ログインして全文を読む