冠動脈バイパス術(CABG)がスタンダードとされる左冠動脈主幹部病変や多枝病変への血行再建術で、あえて冠動脈インターベンションを選択する場合、術後の心血管イベントや再血行再建術施行のリスクを考慮する必要がある。

LMT・多枝病変へのPCIは患者への説明次第の画像

ログインして全文を読む