高齢化および透析患者の増加に伴って、大動脈弁狭窄症(AS)を合併した虚血性心疾患(IHD)患者に対して冠動脈バイパス術(CABG)と大動脈弁置換術(AVR)を合わせて行うことが増えている。だがASが軽症から中等症だった場合にも予防的にAVRを行うべきか、明確な基準はない。

大動脈弁狭窄を合併したCABG、予防的AVRの適応基準はの画像

ログインして全文を読む