高齢高血圧患者における心血管疾患(CVD)の予防においては、古典的な降圧薬であるサイアザイド系利尿薬が、Ca拮抗薬やACE阻害薬、α遮断薬より有用である可能性が、大規模臨床試験ALLHATの長期追跡結果から改めて確認された。米テネシー大学教授のWilliam Cushman氏らが報告した。

ALLHAT再び:10年予後でもサイアザイド系利尿薬に軍配の画像

ログインして全文を読む