現在使われている7種類の血小板機能検査法のうち3種類で、測定された血小板活性とステント留置患者の予後に関連が認められた。大規模臨床試験POPularの結果で、米国心臓協会年次学術集会(AHA2009)で、オランダ・サンアントニウス病院のNicoline J Breet氏らが報告した。

3種類の血小板機能検査法がステント留置症例の予後と関連の画像

ログインして全文を読む