米国では、医療過誤に対する賠償支払額の20%は、心筋梗塞(MI)の見落としに関係したものだという。年間600万人が胸痛を訴えて救急救命室(ER)を訪れる同国では、いかに迅速かつ正確に診断を下すかが切実な課題になっている。こうした状況の中で、CTアンギオグラフィ(CTA)が手間ひまのかかる現在の標準的トリアージに代わる診断法として期待されている。

ログインして全文を読む