インスリングラルギンを含むインスリン製剤と悪性腫瘍の関連について、医薬品医療機器総合機構(PMDA)はこれまでの疫学研究や非臨床試験、外国の措置状況を調査した結果、新たな安全対策を講じる必要はないと結論付けた。11月27日、「医薬品・医療機器等安全性情報No.263」に公表した。

ログインして全文を読む