冠動脈バイパス術(CABG)後に大伏在静脈グラフト(SVG)に発生する病変に対し、抗血小板薬併用療法(アスピリン+クロピドグレル)の効果を、標準療法であるアスピリン単剤と比較した初の前向き無作為化二重盲検試験CASCADE(The Clopidogrel After Surgery For Coronary Artery Disease)の結果が発表された。

CABG後のgraft disease、抗血小板薬併用に有効性認めずの画像

ログインして全文を読む