なかでも注目されるのは、αGIとDPP4阻害薬との併用です。αGIによって小腸下部の腸管グルコース濃度が高まることから、同部位に多いL細胞からのGLP1分泌は亢進する一方、小腸上部からのGIP分泌は相対的に低下します。これによりGIPの体重増加作用を抑えながら、さらに血中濃度が上昇したGLP1の分解をDPP4阻害薬で抑制することで、GLP1の作用増強を狙おうというものです。

作用機序から考え興味深い、αGIとDPP4阻害薬の併用の画像

ログインして全文を読む