2型糖尿病における早期腎症のサインであり、心血管合併症の危険因子でもある微量アルブミン尿の発症を、アンジオテンシンII受容体拮抗薬(ARB)の追加投与により抑制できることが明らかとなった。

2型糖尿病の微量アルブミン尿発症をARBが抑制の画像

ログインして全文を読む