11月1日のシンポジウムで公表された新しい糖尿病診断基準案の全体像は、既に日経メディカル オンラインで紹介した。本稿では循環器プレミアムの読者に、同じシンポジウムの第1部で議論された「HbA1c国際標準化の現状と今後」の内容について紹介する。

ログインして全文を読む