ベーリンガーインゲルハイム(本社ドイツ)は10月20日、米食品医薬品局(FDA)から、アンジオテンシンII受容体拮抗薬(ARB)テルミサルタンが「ACE阻害薬を服用できない55歳以上の心血管イベント高リスク患者における、心筋梗塞、脳卒中、心血管死のリスク低減」との適応を取得したと発表した。

ログインして全文を読む