複数上市されているアンジオテンシンII受容体拮抗薬(ARB)について、日常臨床における効果の違いはどの程度あるのだろうか。このようなclinical questionに答える臨床研究を宮川内科小児科医院の宮川政昭氏が企画、その結果を第32回日本高血圧学会総会(10月1〜3日、大津市)で発表した。

早朝血圧に対する降圧効果をARB4種類で比較の画像

ログインして全文を読む