万有製薬は10月16日、国内では10年ぶりとなる新規作用機序の2型糖尿病治療薬であるシタグリプチン(商品名ジャヌビア)の製造販売承認を同日付で取得したと発表した。シタグリプチンはジペプチジルペプチダーゼ4(DPP4)の酵素活性を阻害するDPP4阻害薬の1つで、インクレチンを分解するDPP4の活性を阻害することで血中インクレチン濃度を維持し、血糖降下作用を発揮させる。

ログインして全文を読む