顕性腎症を伴う2型糖尿病に対するアンジオテンシンII受容体拮抗薬(ARB)オルメサルタンの投与は、プラセボと比較して、治療中の血圧レベルが同じでも脳心血管イベントを減少させることが分かった。

ARBは血圧レベルにかかわらず脳心血管イベントを抑制の画像

ログインして全文を読む