薬剤溶出ステント(DES)の最大の弱点とされるのが遅発性ステント血栓症だ。その発症には、コーティング素材であるポリマーに対する炎症反応の関与が指摘されており、体内に残留しない生体吸収性ポリマーを用いたステントが有望視されている。

生体吸収性ポリマー使用DES、有効性は従来型と同等の画像

ログインして全文を読む