社会保険診療報酬支払基金は9月15日、添付文書上「小児等に対する安全性は確立していない」とされているスピロノラクトン・硫酸アトロピン・アドレナリン注射薬を小児患者に対して使用した場合や、鎮痙剤の硫酸マグネシウム注射薬を「心室頻拍症」に使用した場合など33の適応外使用例を、「薬理作用が同じ」などの理由で審査上認めるとする見解を発表した。

ログインして全文を読む