高血圧治療で夜間〜早朝の血圧を良好に保つことは心血管イベント予防のカギであり、24時間血圧測定の意義は大きい。イタリア・Instituto Auxologico ItalianoのGianfranco Parati氏は第31回欧州心臓学会で、ARBのオルメサルタンとCa拮抗薬アムロジピンの併用について、ABPを指標に検討した2つの臨床試験を紹介した。

24時間血圧で見たARBとCa拮抗薬の併用効果の画像

ログインして全文を読む