欧州では、年間13万人以上が外科手術後1カ月以内に心血管疾患(CVD)で死亡しているという。欧州心臓学会(ESC)はこのほど、周術期の心血管事故対策をまとめた欧州初のガイドラインを策定した。

非心臓手術の心血管事故対策ガイドライン、欧州版完成の画像

ログインして全文を読む