PCI後の7日間に倍量のクロピドグレルと高用量アスピリンを投与することで、従来の抗血小板療法に比べて出血リスクを増すことなく、1000例当たり6件の心筋梗塞(MI)と7件のステント血栓の発症を防げることが示された。

PCI後のクロピドグレルとアスピリン、共に高用量が有効の画像

ログインして全文を読む