武田薬品工業は8月28日、米国で同社米国法人が販売許可申請中のDPP4(dipeptidyl peptidase 4)阻害薬「alogliptin(アログリプチン)」について、心血管系のリスクを評価するために行う追加試験の詳細を発表した。

ログインして全文を読む