日本人の一般住民においても、総コレステロール(TC)から高比重リポ蛋白コレステロール(HDL-C)を差し引いたnonHDL-Cは心血管イベントの予測因子として有用であることが、久山町研究から明らかになった。低比重リポ蛋白コレステロール(LDL-C)やLDL-C/HDL-C比などよりも優れたイベントリスクの指標になる可能性があるという。第41回日本動脈硬化学会総会・学術集会(7月17〜18日、山口県下関市)のシンポジウム「Non HDLコレステロールと冠動脈粥状硬化症」で、九大大学院環境医学分野の清原裕氏が発表した。

LDL-CよりもnonHDL-Cの方がイベント予測因子として有用の画像

ログインして全文を読む