後期高齢者の脂質異常症に対する治療については、まだ十分なコンセンサスが得られていない。第41回日本動脈硬化学会総会・学術集会(7月17〜18日、山口県下関市)で開催されたシンポジウム「後期高齢者に対する脂質管理はどうあるべきか」では、この点をテーマに議論が交わされた。

スタチンによる治療は後期高齢者でも有用性が期待できるの画像

ログインして全文を読む