慢性腎臓病(CKD)はオフポンプ冠動脈バイパス術後の長期的な予後不良因子になることが、日本人を対象とした後ろ向きコホート研究で示された。滋賀医大心臓血管外科の木下武氏らが、第14回日本冠動脈外科学会学術大会で報告した。

CKDはオフポンプCABGでも長期予後のリスク因子にの画像

ログインして全文を読む