7月2〜4日に京都で開催された第24回日本不整脈学会学術大会・第26回日本心電図学会学術集会(合同開催)では、「不整脈関連手技・器具の診療報酬における疑問点・問題点とその解決」と題したファイアサイドシンポジウムが開催され、不整脈領域における診療報酬の問題点、特に2006年と08年の改定について、シンポジストから憤りを込めた指摘があった。

ICD・ペースメーカー埋め込みに関する診療報酬は安すぎるの画像

ログインして全文を読む