シロリムス溶出ステント(Cypher)留置後に発生したステント血栓症例のレジストリー研究「RESTART」から、発症時期ごとの具体的な予測因子が明らかになった。第18回日本心血管インターベンション治療学会学術集会(CVIT 2009)で、京大の木村剛氏が発表した。

発症時期によりステント血栓症の予測因子は異なるの画像

ログインして全文を読む