第一三共およびイーライリリー・アンド・カンパニーは7月11日、両社が米国で共同開発していた抗血小板薬のプラスグレルについて、米食品医薬品局(FDA)から7月10日付けで承認を受けたと発表した。適応は、経皮的冠動脈形成術(PCI)を受けた急性冠症候群(ACS)患者における、ステント血栓症を含む血栓性の心血管イベントの抑制。

ログインして全文を読む