欧州糖尿病学会(EASD)は6月26日、同学会誌Diabetologiaのウエブサイトで持効型インスリンアナログ製剤のランタス(一般名インスリングラルギン)と癌の関連を論じた複数の論文を公開するとともに、本件に対する声明を発表した。

ログインして全文を読む